セラミドの化粧水を使えば即日から美肌に変わる

女の人

潤いを守るセラミド

化粧品

補いやすい美容成分

肌をしっかり保湿するなら「セラミド」配合の基礎化粧品を使うのがおすすめです。セラミドは肌の表面に一番近いところ「角質」の中にある保湿成分です。角質層は肌の外側から0.02mm程度の厚さです。その中にあるセラミドにはスフィンゴ脂質という名称があります。セラミドは脂性の物質ですが水分となじみやすく、肌を保湿する働きをしています。コラーゲンやヒアルロン酸などの場合、肌の奥深く「真皮層」にあります。いくら低分子化した浸透性が高い成分でも、化粧品でコラーゲンやヒアルロン酸を補うのは不可能です。しかし、セラミドは肌の一番上にあります。そのためクレンジングやダブル洗顔などで落ちやすいという欠点がありますが、補いやすいのも事実です。セラミドはちょっとしたことで落ちてしまうので、基礎化粧品で補ってあげるのがおすすめです。セラミドで一番おすすめなのが、保湿力、親和性、浸透力、持続力が高い「ヒト型セラミド(バイオセラミド)」です。ヒト型セラミドは酵母を原料に作られたセラミドです。他にも植物性セラミド、疑似セラミドなど沢山種類があります。その中でも人間のセラミドに一番近いのが、ヒト型セラミドだと言われています。ヒト型セラミドは、セラミドAPなど末尾にアルファベットを付け加えた名称で記載されています。基礎化粧品を選ぶときは、成分表示をチェックして、アルファベットが記載されているタイプを選ぶのがおすすめです。